大阪狭山市の歯科 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川狭山歯科医院へお気軽のご相談ください。
大阪狭山市の歯科 香川狭山歯科医院

乳幼児期の歯磨きについて

こんにちは

香川狭山歯科医院の緒方です

今回は小児歯科の乳幼児期の歯磨きについて書こうと思います

 

1歳半を過ぎたお子様をお持ちのお母様が もしかして虫歯ではないかと診療所にお子様を連れてこられることがあるのですがその虫歯の段階によっては初期の白濁した虫歯から進行した黒い虫歯まであります。

虫歯予防には歯磨きの練習が必要なのですが前歯が生えてきたころから 赤ちゃんに歯ブラシを"おもちゃ"として与え 歯ブラシの感覚に慣れさせておくのが良いでしょう。

(喉をつかないように 必ず見ておかないといけません)

 

歯磨き練習

歯ブラシを嫌がるようであればガ-ゼを大人の指に巻いて磨いてあげるのも良いかと思います。

 

上の歯を磨く時 嫌がるお子様も多いようですが それは上唇小帯(上唇をめくった内側にあるヒダのようなもの)があるためで 大人の方が上唇を少しめくって 磨いてあげると良いでしょう。

 

 基本的に仕上げ磨きを嫌がるお子様の場合は ご家庭によって 様々な工夫をされて解決されているようですが やはり 歯磨きを『楽しい習慣』としてしていくのが多いようです。

 例えば、大人の方も一緒に歯磨きタイムを設け お子様に大人の方の歯を磨いてもらい、交代に大人の方がお子様の歯を磨くといった遊び感覚でやってみたり、ぬいぐるみに歯磨きするのを やって見せたり・・・・・・  焦らず 少しずつ慣らしていくとゆう気持ちでしないと、あまり無理やりに押さえつけてやってしまうと歯磨き=嫌な事とインプットさせてしまうので注意が必要です。

 また最近は、母乳はお子様がもういらないと言うまで続けて良いと言われていますが、私が見ている限り1歳半過ぎのお子様の虫歯の原因の多くに 授乳(哺乳瓶での授乳や、歯磨き後の授乳)であることが多いようです。

ですので、授乳を1歳を過ぎてされてる方は 特に注意して 歯磨きをしてあげてください。  

  もしお子様の歯のことで不安であれば香川狭山歯科医院へご相談ください。