大阪狭山市の歯科 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川狭山歯科医院へお気軽のご相談ください。
大阪狭山市の歯科 香川狭山歯科医院

歯の移植

今回は歯の移植についてです

残念ながら来院される患者さんの中にはもう手遅れで抜歯しなくてはいけない場合があります

抜歯後は歯が無くなってしまうので何かで補わなければなりません

ブリッジや入れ歯、インプラントなど様々な方法がありますがその他に自分の歯を移植するという方法があります

 

この患者さんは上の奥歯の虫歯の進行がひどく抜歯せざるを得ない状態でした

この歯を抜歯すると入れ歯になってしまうので下の親知らずを移植します

初診時パノラマX線

 

 歯の根には歯根膜という薄い膜がありこれが骨とくっついています

抜歯した親知らずの根の治療を行い、この歯根膜を保存したまま移植します

移植する親知らず

 

移植後に手前の歯と接着剤で固定します

そしてこの状態で1ヶ月待ちます

移植後

 

1ヵ月後に固定していた接着剤を外します

成功すると完全にくっつき全く動きません

移植1ヶ月後

 

この治療によりなんとか入れ歯にならずにすみました

この方は治療後に歯磨き指導も行い3年経過した今もしっかり自分の歯で噛んでいらっしゃいます

どんなに治療してもその後の手入れが悪いとまた元の状態に戻ってしまいます

その為、定期健診がとても重要なのですね

痛くなる前に定期健診へ是非お越しください

スタッフ一同、笑顔でお待ちしております