大阪狭山市の歯科 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川狭山歯科医院へお気軽のご相談ください。
大阪狭山市の歯科 香川狭山歯科医院

歯の外傷

こんにちは、香川狭山歯科の高田です。
今回は歯の外傷についてです。

今年はいつもながらインフルエンザが流行したようですが、
当院では歯の外傷の患者さんがいつもより多かった気がします。

歯の外傷とは...

①歯が欠ける
②歯が揺れる
③歯の位置がずれる
➃歯が抜ける

など、様々な症状があります。

どの症状になろうと出来る限り元に戻すことをします。
欠けたならば、欠けた大きさにもよりますが形の修復。
位置がずれた、抜けたのならば、元の位置に戻して固定。

DSC_0770.JPG
上の写真は歯を三本針金で固定しました。
固定してる真ん中の歯が内側に入り込んでしまってたのを出しました。


外傷をすると、そのダメージで歯の神経が死んでしまうことがあります。
それは、当日レントゲンを撮影しても分かりません。
その後の経過観察が必要となります。


完全に抜けてしまった時は、歯を乾燥させずにまたあまり綺麗に洗いすぎずに歯の保存液なければ牛乳なければ飲み込まないようにお口の中に入れて早く歯科医院に行きましょう。