大阪狭山市の歯科 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川狭山歯科医院へお気軽のご相談ください。
大阪狭山市の歯科 香川狭山歯科医院

歯周病はどのように進むのでしょうか

香川狭山歯科医院です。

歯周組織の炎症により
歯と歯肉の境目の歯肉溝(0.5~2mm)が
病的に深くなったものを
歯周ポケットと呼びます。

ポケット内は嫌気性菌である
歯周病菌が生息しやすい環境で
プラークが付着、増加しやすくなります。
このため周りの組織が
より深く破壊されポケットが
さらに深くなるようになります。

歯肉炎では歯槽骨は無事でも
歯肉が腫れて歯肉溝が深くなり
これを仮性ポケットと呼びます。
歯槽骨が破壊され始めると歯周炎といい
真性の歯周ポケットと呼ばれ
軽度歯周炎で3~5mm
中等度4~7mm
重度では6mm以上となります。

歯槽骨の破壊にともない
歯はぐらつき
歯根の長さの半分以上に歯が
吸収された重度歯周炎では
自然に抜けることもあります。