大阪狭山市の歯科 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川狭山歯科医院へお気軽のご相談ください。
大阪狭山市の歯科 香川狭山歯科医院

Q&A

こんにちは、大阪狭山市駅近くの香川狭山歯科の高田です。
今回は、最近聞かれた小児の質問に答えてみたいと思います。


1、歯磨き粉をうがいの時に飲み込んでしまうのは問題ないんでしょうか?

問題ないです。

市販の歯磨き粉にはフッ素が虫歯予防のために含まれています。
その濃度はかなり低く、誤って歯磨き粉1本飲み込んでしまったとしても大丈夫な濃度です。 
最近は歯磨きの後にうがいをしすぎるとフッ素が残らないので、うがいは少量の水で1.2回にした方がよいとされています。


2、噛み合わせが悪くならないように、どんな注意をしたらいいでしょうか?

本来、噛み合わせや歯並びは遺伝的要素が大きくかかわるとされています。
また、近年は硬い食べ物も減ってきています。
ではなぜ硬い食べ物がいいとされるのでしょうか?
それは・・・
飲み込むまでに噛む回数が増えるからです。

なので、噛む回数を増やすように考えてみてください。
例えば・・・りんごを一口大に切るのではなく、丸かじりとか

後は、乳歯の歯と歯の間の虫歯も歯並びを悪くしてしまいます。
デンタルフロスを使って虫歯予防も行いましょう。


3、虫歯になりやすい生活習慣ってありますか?甘いものを食べさせる代わりにどんな工夫をしたらいいですか?

ダラダラ食べは虫歯の原因になります。(虫歯の成り立ち

小児は全てにおいて未発達ですので、1回の食事量も少ない。
そのため、間食(栄養補給)が必要になりますので、間食=甘食ではありません。
1回の食事と考えて、おにぎりやサンドイッチがいいでしょう。
また、どうしても甘いものがよければゼリーやプリンのような喉越しのよいものがいいでしょう。




また、些細なことでも質問していただければ幸いです。